はらぺこマミーの脱!オバ計画

アラフォー2児のママが年齢にあらがうべくいろいろ挑戦するブログです!

停滞期??

さて、ゆるゆる糖質制限を始めて3週間が経ちました。

体重は55kg台の壁を突破できずにいます。

 

もしかして『停滞期』??

『停滞期』とは、ほぼすべてのダイエッターが通る道。

何をやっても体重が減らない魔の期間。

体重が減らないと、モチベーションが下がって、

ここで挫折してしまったり、諦めてしまったりする人も多いのではないでしょうか。

かくいう私もその一人。でも今回は、そうはいきません。

ここで諦めたら、脂肪たちの思うツボです!!

 

そもそも停滞期はなぜ起こるのか

人間の体には、本能的に体を一定の状態に保とうとする機能「恒常性(ホメオスタシス)」があります。ダイエットをして順調に体重が減ると、体が生命の危機だと判断し、この「恒常性」機能が働いてしまいます。すると体は省エネモードになり、消費カロリーを抑え、少ない摂取カロリーから効率よくエネルギーを吸収しようとします。

これによって体重がなかなか減らなくなってしまうんです。

 

一般的に体重の5%が減ると、この「恒常性」機能が働くと言われています。

私の場合、57.5kgから3週間の間でいちばん体重が少なかったのが54.9kg。約4.5%減ったところで、停滞期に入ったように感じました。

 

停滞期を抜けるには

まずは、ダイエットをあきらめずに続けることです。

といっても、これまで以上に食事量を減らしても、体にさらに生命の危機であると勘違いさせてしまいますので、やめた方がよさそうです。

特に糖質制限をしていると、摂取カロリーが減っていることが多いと思いますので、食事量は変えず、これまでどおりの食事に体を慣らしていき、「生命の危機ではない」と体に安心してもらう(?)ことで、「恒常性」機能を解除してもらいましょう。

 

と、これが王道でしょうか。

 

もうひとつ、停滞期を抜け出すための方法があります。

それは「チートデイ」です!!

これについて、次回は書いてみます。

また、近々「チートデイ」を実施するつもりです(*^^)v